こんな病気が見つかることがあります。飛蚊症がひどくなったらすぐ検査を! 網膜変性(もうまくへんせい) 周辺部網膜に網膜と硝子体の癒着がある部分を変性と呼びます。 強度近視の方に多い病気。次の段階(裂孔)に進まないか、定期.. read more →

硝子体剥離(しょうしたいはくり) 飛蚊症の原因として一番多いものです。硝子体は、眼球内の無色透明のゼリー状の組織ですが、加齢によって一部の硝子体が変性して、サラサラした硝子体液となります。 それによって、硝子体膜(網膜と.. read more →

青い空や白い紙を見たとき本来は眼の前にないはずの、糸屑や虫のようなもの、ビニール袋のように半透明なものが見える事があります。蚊が飛んでいるように見えるので「飛蚊症」と呼ばれています。     飛蚊症の.. read more →

秋の夜長、パソコンやスマホでインターネットを検索したり、ゲームをしている時間が増えてしまいますね。 パソコンやスマートフォンなどのLEDによる照明には、「ブルーライト」と呼ばれる青色の光が多く含まれています。青色の光は、.. read more →

「プラセンタ」とは「胎盤」のことです。胎児の発育成長に必要不可欠な栄養素を含み、自然治癒力を高め、体調を整える力のある「胎盤」のエキス剤を使うのがプラセンタ治療です。 プラセンタは、美容美白などで取り上け.. read more →

最近の医学界では、病気の問題を早めに見つけて大事に至らないようにしようという「予測予防医療」の流れが起きています。 特定健診(メタボ健診)もそのひとつと言えます。 将来は心筋梗塞・脳梗塞など日本人の死因の上位を占.. read more →

従来の「長期間使用タイプ」から、「ワンデータイプ」や「2週間頻回交換タイプ」が主流になってから、コンタクトレンズが原因の眼障害が増えています。 レンズのケアに問題がありそうです。 ソフトコンタクトレ.. read more →

「長期間使用タイプSCL」での悩みだった これら二つの問題は「使い捨てSCL」の登場で解決するだろうと眼科医は期待しました。 2週間間隔で新しいSCLに交換することで、タンパク質の蓄積も抑えられ、ばい菌.. read more →

それは、SCLに蓄積するタンパク質への対策です。 毎日ケアしても徐々に蓄積するタンパク質は、主に二つの問題を引き起こします。 ひとつは「角膜感染症」。 ばい菌の餌となるタンパク質がSCLに残っていると菌が繁.. read more →

世界で最初に発売されたボシュロム社のソフトコンタクトレンズ(以下、SCL と略記)を、私が医学生時代に装用してから既に40年近くの時間が経ち、日本での使用者は1500~1800万人にも及ぶと言われています。.. read more →