最近の医学界では、病気の問題を早めに見つけて大事に至らないようにしようという「予測予防医療」の流れが起きています。 特定健診(メタボ健診)もそのひとつと言えます。 将来は心筋梗塞・脳梗塞など日本人の死因の上位を占.. read more →

従来の「長期間使用タイプ」から、「ワンデータイプ」や「2週間頻回交換タイプ」が主流になってから、コンタクトレンズが原因の眼障害が増えています。 レンズのケアに問題がありそうです。 ソフトコンタクトレ.. read more →

「長期間使用タイプSCL」での悩みだった これら二つの問題は「使い捨てSCL」の登場で解決するだろうと眼科医は期待しました。 2週間間隔で新しいSCLに交換することで、タンパク質の蓄積も抑えられ、ばい菌.. read more →

それは、SCLに蓄積するタンパク質への対策です。 毎日ケアしても徐々に蓄積するタンパク質は、主に二つの問題を引き起こします。 ひとつは「角膜感染症」。 ばい菌の餌となるタンパク質がSCLに残っていると菌が繁.. read more →

世界で最初に発売されたボシュロム社のソフトコンタクトレンズ(以下、SCL と略記)を、私が医学生時代に装用してから既に40年近くの時間が経ち、日本での使用者は1500~1800万人にも及ぶと言われています。.. read more →

植物が、それぞれの身体を守るために、自ら合成した抗酸化物質です。 アントシア二ンとは、ブルーベリーやナス、サツマイモの皮などに含まれるポリフェノールの一種の青紫色の天然色素。 抗酸化作用があり、古くから目の働きを助ける効.. read more →

『アントシアニン』という成分の多いものを選ぶとよいでしょう 「ブルーベリー」という名称が多いのですが、サプリメントとして使用されるのはその中でも、「ビルベリー」というツツジ科の野生種です。 西洋で民間療法的に、下痢や口腔.. read more →

白内障の治療には、薬物療法(点眼薬)と手術があり、病状の進み具合によって治療が変わります。 1.点眼薬 初期加齢白内障によく用いられるのは、ピルキシン製剤や、グルタチオン製剤があります。 どちらも抗酸化作用と水晶体の濁り.. read more →

本来透明な水晶体のタンパク質が、加齢により白く濁るため、 集めた光が眼底にうまく届かなくなり、かすむ、まぶしい、見えにくい、視力低下などの症状を引き起こす疾患。 俗に「白そこひ」と呼ばれる。 白内障と言えば、通常は中年以.. read more →

熱中症は炎天下だけでなく、室内でもおこります。 熱中症になっていても気付けない方も多いようです。 めまいやふらつきなどの症状があれば、ミネラルを含んだ水分補給をして、涼しい場所で休みましょう。 熱中症には、様々な症状があ.. read more →